終煙誘導法セミナー

終煙誘導法セミナー

2008/10/25
愛媛県総合社会福祉会館

終煙誘導

テーマ 禁煙指導の光と影:終煙誘導法の可能性について
国友史雄 千葉労災病院呼吸器内科部長

今回、終煙誘導法に関する初めてのセミナーを愛媛県松山市で開催することができました。 セミナーはまず初めに藤浦氏が『禁煙せずにタバコをやめる』及び『終煙誘導法』についての概要説明を、 従来の禁煙指導との違いや『禁煙せずにタバコをやめる』を思いついたきっかけなどを含め、約30分行いました。

後半は私国友が「禁煙指導の光と影:終煙誘導法の可能性について」のテーマで約1時間講演させて頂きました。 禁煙指導を始めた頃の話、またリセット禁煙についての話し、 『禁煙せずにタバコをやめる』の概念を取り入れ禁煙外来を「卒煙外来」に変更したこと、 更に元喫煙者に対する調査研究を元に学会で「終煙誘導法」として発表されたこと等、時系列に沿って話しました。

また、心理学的なアプローチとして、認知行動療法の第三世代としての終煙誘導法の解釈など最近の研究テーマについても、 時間を取り解説させて頂きました。心理学的なアプローチは今後、難症例の患者に効果が期待できる手法です。

禁煙指導が保険適応になり多くの医療機関で禁煙指導が行われるようになりました。 ニコチンパッチやチャンピックスを使い禁煙に成功される方がいる一方で、途中で脱落される方も多いと聞いています。 終煙誘導法はきっぱりとタバコをやめた元喫煙者に焦点を当てた手法で、禁断症状などもほとんど無く、 私の終煙誘外来で着実に成果を上げています。

更に、終煙誘導法の入院中の喫煙者に対する有効性について報告をさせて頂きました。 外来の患者さんと比較して、非常にスムーズに終煙誘導できることが確認できました。 今後は労災病院を中心に入院患者さんへの終煙誘導を積極的に行っていこうと考えています。 また、今後は首都圏を中心に終煙誘導法に関する同様のセミナーを開催していくつもりです。


セミナー開催の感想

 今回、終煙誘導法に関する初めてのセミナーを松山市で開催できたことを 嬉しく思います。 このセミナーの開催は小さな一歩ですが、終煙誘導法を広く知ってもらう為には大きな一歩になったと思います。

 禁煙指導の現場ではやめたいのにやめられないと訴える喫煙者に方に多く接している為か、 努力もしないできっぱりとやめた人を「特別に意志の強い特殊なケース」と考えがちです。しかし、 一般社会に目を向け調査してみると、確実にやめ続けていける人の中では、 努力もしないできっぱりとやめたという元喫煙者は決して少数ではないことが分かります。 むしろそういう状態だからこそやめ続けることが出来るとも言えます。

 今後は終煙誘導法をより実用的に発展させ、実績を積重ねて広めて行きたいと思います。